今日もアクセスありがとうございます!

 

マビックホイール専門店、
マビックマート店主の田中です\(^o^)/

 

 

この時期、休憩時に飲む炭酸飲料が最高に
美味しいですね。

 

 

しかし、

 

 

 

私個人的には、疲労回復効果のあるオレンジ100%にするのか
炭酸飲料にするのか悩みどころであります(^_^)

 

 

 

あなたは、ライドの休憩時には何が美味しいでしょうか。

 

 

 

キシリウムエリートUST~チューブレスモデルを探る~

さて今日は話題のマビックUSTシステムを使用した、
キシリウムエリートUSTのインプレをお届けします。

 

 

普段に使っていますのが、キシリウムプロエグザリットSL、
フルクラムレーシングゼロですので、
その違いとなります。

 

 

インプレは相対的なものであり、
通常乗り慣れたホイールとの比較になってしまいます。

 

 

なにとぞご了承ください。

 

 

ちなみにタイヤの空気圧は、7barで走行しました。

 

 

 

走行性能以上に大事?ルックス

格好はやはり重要ですね。

 

今回試したフレームが提携ショップさんより
お預かりしております
ナカガワプロミネンス(クロモリ)になります。

 

 

私個人的にダンシングした時のしなりがあるこのクロモリが
好きなのです(^_^)

 

 

 

ただ・・・・

 

 

ピンクと黄色の組み合わせはイマイチですね(^_^;

黒いフレームのバイクなら合うと思います。

 

 

これなら黒のキシリウムエリートの方が似合うと
思います。

 

 

 

しかし、

 

 

この黄色のキシリウムエリートUST、
いかにもマビックらしいデザインでいい感じです。

 

 

 

チューレス化されて感じた事

 

タイヤの転がり抵抗の軽減

 

普段使っておりますタイヤがコンチネンタルGrand Prix 4000S2ですが

これもグリップ、耐パンク性には定評のあるタイヤです。

 

 

このキシリウムエリートUSTに付いていますのが、

イクシオンプロUSTです。

 

 

イクシオンプロパワーリンクタイヤよりも
転がり抵抗を感じませんでした。

 

 

 

イクシオンタイヤのソフトな乗り味が好みでないという方にも
このタイヤなら、満足して頂けると思います。

 

パワーリンクタイヤよりも硬い目の印象でした。

(チューブレスの影響もあると思いますが)

 

 

 

 

 

 

パンクに対する不安が減少した

 

これは心強いですね。

今回の走行ではあえて、シーラントは入れてなかったのですが、
入れる事でより安心感は高まります。

 

クリンチャー用のチューブを携帯しておけば、チューブでも
応急処置できるのは心強いです。

 

クリンチャー仕様と比べても重さやもっさり感などは感じられる事なく、
チューブレスの軽量感に近い感じがします。

 

 

 

路面のギャップ吸収性が素晴らしい

 

いつもならストレスを感じる路面のギャップも
うまく吸収してくれていました。

 

この辺りは、キシリウムエリートのスチールスポークの影響も
多いにありそうですが・・・

 

キシリウムエリートUST走行性能は?

走り出し漕ぎ出し

 

普段使っていますホイールが上級グレードのキシリウムプロエグザリットSLですので、
若干の重さを感じます。

(仕方ないです(^_^;)

 

 

レーシンングゼロとの違いはあまり感じられません。

 

重さを感じるとはいえ、反応が鈍いわけではありません。

 

 

機敏に踏み込めば反応してくれます。

 

 

ただ、反応の良さだけに注目するとレーシングゼロの方に
分がある感じです。

 

 

とは言え、ダンシングしてもよれるような感じはなく、
チューブレス化された事で

 

レースでのスプリントになった時でも
スリップダウンなど軽減されるのでは
ないでしょうか。

 

 

マビックはこれから、
上位モデルでもチューブレスモデルも発売になりますので、
チューブレスモデルを決戦用ホイールとしても
いいかもしれないですね。

 

 

 

登り性能、ホイールの重さを感じる?

 

ホイールの重さを感じるんじゃないかと懸念しておりましたが、

 

得にストレスは感じませんでした。

 

 

普段使いがキシリウムエグザリットSLなので、流石に軽量感は薄れますが、
そこは仕方ありませんね(^_^)

 

 

 

下りブレーキ性能

下りでも非常に安定しています。

 

路面に張り付いている感がして恐怖感はありません。

 

 

スピードの出しすぎに注意ですね。

 

ブレーキは、シマノなどのブレーキ感覚と同じです。

ここはエグザリットブレーキと比べてはイケません。

 

 

 

USTは、携帯ポンプだけでビートは上げられるのか?

既存のチューブレスは、携帯ポンプでは入らない

チューブレスタイヤを選択する場合の懸念点として、

 

空気が抜けた場合、携帯ポンプで入れるのにビートは上がるのか?

 

 

ではないでしょうか。

※ビート(タイヤの端、リムとの隙間の箇所)

 

 

 

 

通常チューブレスタイヤは、ビートをあげるには、
一気にエアーを入れないとダメなのですが、携帯ポンプでは
無理ですよね。

(ビートに石鹸水を塗ることで、可能にはなりますが・・・)

 

 

マビックのUSTシステムなら携帯ポンプでもラクチン♪

今回のマビックのUSTシステムは、携帯ポンプでも簡単に
ビートが上がります。

 

 

空気を抜いて試してみました。

 

私が使っている携帯ポンプ

 

 

手押しだけで7barまで上げるのは結構シンドイものでも
ありますが、それはクリンチャーでも同じですよね。

 

 

頑張って5barまで上げました。(約3~4分くらいです)

 

作業性はクリンチャーと変わらない

 

結論としてチューブレスとはいえ、クリンチャーと変わりませんでした。

 

驚くべきマビックのUSTシステム、いいもの作りました(^_^)

 

 

 

 

100キロ走行しての疲労感

今回は、95,8キロ、獲得高度 2,401mの走行しましたが、

 

一番感じたのは、

疲労感の少なさ

 

ですね、

 

 

路面のギャップを感じにくいので、ロングライドなどにも
よさそうです。

 

ガチガチに硬いホイールでもなくそうかと言って、

パワーが逃げる事も感じない。

いいホイールでした。

 

次回は、キシリウムエリートUSTの一番気になるところ、

タイヤ交換、メンテナンス性についてもう少し探っていきます。

 

 

キシリウムエリートUSTも格安価格でご提供

今回ご紹介インプレさせて頂きました、

キシリウムエリートUST

 

マビックマートでは、格安セールで販売させて頂いております。

 

カラーもイエロー、ブラック、レッド

から選択頂けます。

 

 

クリンチャーモデルよりも格安になっており
コスパにも優れております。

 

キシリウムエリート(チューブレスUST)の詳細はコチラ

 

 

 

 

 通販で高額なホイールを買うのは心配だな・・・

相談にのります

 

マビック大好き!人間の私、店長田中が、
なんでも相談にのります。

「自分の自転車に合うの?」

「納期はどれくらい?」

など・・・

商品に対するご相談はコチラ

 お問い合わせ – マビックホイールが安く買えるMAVICMART

高価なホイールを少しでも安く!

安心して買えるよう、お手伝いをさせて頂きます。

返品もOKです(^_-)-☆

お店はコチラ

 マビックホイール専門店マビックマート